特性速度(読み)とくせいそくど

世界大百科事典内の特性速度の言及

【ロケット】より

…一般には推進材の噴射が一方向に一定速度でなされるというわけではないので,このCは有効排出速度あるいは比推力に重力加速度を乗じたものとして解釈されるべきである。この増速分⊿Vは,ロケットの構成がきまれば定まる量であり,ロケットの能力を示す意味で特性速度と呼ばれる。一方,現実のロケットはさまざまの外力の下で飛翔するから,それらによる減速分を補う増速能力をもたせる必要があるが,軌道を選ぶという観点からは,それらを含めてロケットに要求される速度増分⊿Vを最小にすることが望ましい。…

※「特性速度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android