特殊地理学(読み)とくしゅちりがく

世界大百科事典内の特殊地理学の言及

【地誌学】より

…一般地理学(または系統地理学)と並ぶ地理学の一部門である。一般地理学が,地形や気候などのようなある種の現象を対象として,普遍的法則の定立を目標とするのに対して,地誌学(または特殊地理学)は,地域を対象とする。A.ヘットナーや,その流れをくむR.ハーツホーンは,ある領域にある地理的諸事象の因果的な相互関係こそ,地域に個性を与える本質とみなし,これを追求する地誌学を地理学の核心としたが,1950年代以降,特殊性を強調する地誌学は個性記述的であって,説明的な実証科学にはなり得ないという強い批判が相次いだ。…

【地理学】より


[系統地理学と地域地理学]
 このように地理学の対象は複雑かつ多方面にわたるから,研究上の分業が不可欠であり,現に多くの部門が発達している。ふつう地理学は,系統地理学systematic geographyまたは一般地理学general geographyと,地域地理学regional geographyまたは地誌学,特殊地理学specific geographyとに大別される。 系統地理学は,自然地理学と人文地理学とに分けられる。…

※「特殊地理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android