犯罪者処遇(読み)はんざいしゃしょぐう

世界大百科事典内の犯罪者処遇の言及

【行刑】より

…矯正には,保護処分である少年院処遇なども含まれ(少年矯正),おおむね施設内処遇として,社会内処遇たる保護観察を中心とする(更生)保護と対比される。矯正と保護の上位概念として犯罪者処遇があり,改善矯正・社会復帰の点から,施設拘禁の限界・弊害・背理性がいわれ,通常の社会生活を送らせつつカウンセリング等のソーシャルワークによって犯罪者の改善を目指す社会内処遇が強調される(〈施設内処遇から社会内処遇へ〉)。以上のような伝統的な理解に対してまず,自由刑の執行方法としても,昼間は施設から出て通常の職場で働く外部通勤や,1週間分の刑期を週末拘禁ですませることなどが認められると,自由刑を施設拘禁に限定することは不自然となる。…

※「犯罪者処遇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犯罪者処遇の関連情報