コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂言風流 きょうげんふりゅう

世界大百科事典内の狂言風流の言及

【風流】より

…とくに応仁の乱以後には《羽衣》《船弁慶》《紅葉狩》など,見た目の華やかさを主眼とした能が作られており,現在ではこれを〈風流能〉の名で呼びならわしている。また能の《式三番》(《翁》)に介入する形で演じられる〈狂言風流〉も,その名称からして当時の囃子物の仮装風流や,延年の風流の〈走物〉の影響を受けていることは明らかである。室町時代後期の風流踊を支えた層と,当時の能・狂言を享受した層とは共通で,風流踊の趣向には能の曲が転用され,その入破(いりは)(キリ)が踊りの中で演じられたことも多い。…

※「狂言風流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狂言風流の関連キーワード風流(ふりゅう)大蔵 弥右衛門風流・浮立風流

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android