コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩刺網 かりさしあみ

世界大百科事典内の狩刺網の言及

【刺網漁業】より

…最終的に魚を捕り上げるのは網にからませたり,網目に刺しこませるので刺網の中に入れられるが,漁法的には他の漁法と複合したものもある。すなわち,魚群を包囲するように網をかける巻刺網(ボラ,ブリ,クロダイなど),張っておいた網に魚群を威嚇して追い込んでとる狩刺網(ボラ,タイ,キス,コノシロ,アオリイカなど),網を船で引き回す漕刺網(こぎさしあみ)(アマダイ,キスなど)である。 固定式刺網は漁具が比較的簡単で沿岸漁業で多く用いられ,底魚・磯魚のほかブリ,ハタハタ,シラウオ,サメ・エイ類,それにイセエビ,クルマエビ,ガザミなどエビ・カニ類,コウイカ類,サザエなどの巻貝類など対象もさまざまである。…

※「狩刺網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

狩刺網の関連キーワード刺網

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android