狩猟採集(読み)しゅりょうさいしゅう

世界大百科事典内の狩猟採集の言及

【人類】より

…このような発展が生業の発達と深い関係にあることはいうまでもない。
[生業形態]
 約1万年以前には人類のすべては狩猟採集を生業としていたといわれている。このようにホミニゼーション(ヒト化)を達成させたのは,狩猟採集という自然に依存し直接自然に働きかける生業形態であったことは注目に値するが,その間においても絶えず石器等の生活用具は洗練の度を加えていったことを忘れてはならない。…

※「狩猟採集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android