コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉切り たまぎり

大辞林 第三版の解説

たまぎり【玉切り】

立木の伐倒後、枝払いをし、木の特徴に合わせ規定の寸法に切断して素材丸太にすること。切断された丸太を玉という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の玉切りの言及

【伐木造材】より

…立木を伐倒して枝を払い,用途にあわせて一定の材長に鋸断(きよだん)(玉切り)して丸太にすること。伐倒にはチェーンソーが用いられるが,手のこが用いられることもある。…

※「玉切り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

玉切りの関連キーワード素材生産サービス事業体ハーベスタ(林業用)巻き立て・巻立て素材生産の請負素材生産事業体チェーンソーフォワーダプロセッサ素材生産伐木造材シイタケ木寄せ枝払い製材造材特徴規定立木寸法杣角

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android