コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉造[温泉] たまつくり

2件 の用語解説(玉造[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

玉造[温泉]【たまつくり】

玉湯[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たまつくり【玉造[温泉]】

島根県東部,八束(やつか)郡玉湯町にある温泉。宍道(しんじ)湖の南岸に近く,山陰本線玉造温泉駅の南2kmに位置する。《出雲国風土記》にみられる古い温泉である。凝灰質砂岩のすきまから湧出し,泉質は無色透明の含食塩セッコウ泉,泉温は50~70℃。松江市,出雲大社とのバスの便がよく,観光客も多い。近年,宍道湖南岸にここの湯を引いて新玉造温泉ができた。温泉街近くの玉作湯神社の伝承では,玉造の地名は,三種の神器の一つ,八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)などの多くの玉類がここで作られたことによるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉造[温泉]の関連キーワード出雲松江平野八束布志名焼松江八束鬚八束穂鈴木八束藤原八束

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone