コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉造[温泉] たまつくり

百科事典マイペディアの解説

玉造[温泉]【たまつくり】

玉湯[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまつくり【玉造[温泉]】

島根県東部,八束(やつか)郡玉湯町にある温泉。宍道(しんじ)湖の南岸に近く,山陰本線玉造温泉駅の南2kmに位置する。《出雲国風土記》にみられる古い温泉である。凝灰質砂岩のすきまから湧出し,泉質は無色透明の含食塩セッコウ泉,泉温は50~70℃。松江市出雲大社とのバスの便がよく,観光客も多い。近年,宍道湖南岸にここの湯を引いて新玉造温泉ができた。温泉街近くの玉作湯神社の伝承では,玉造の地名は,三種の神器の一つ,八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)などの多くの玉類がここで作られたことによるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉造[温泉]の関連情報