コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王の病 おうのやまい

世界大百科事典内の王の病の言及

【結核】より

…ボッティチェリがしばしばモデルとしたフィレンツェの美女シモネッタ・ベスプッチは,肺結核のため16歳で落命した。近世初期の絶対君主たちが行ったローヤル・タッチ(王の触手療法)の対象となった〈王の病〉は瘰癧つまり結核性頸部リンパ節炎であった。ナポレオンも左肺に空洞があったといわれ,近世ヨーロッパでは結核は上流社会の人々の間にまんえんしていた。…

※「王の病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王の病の関連キーワード式子内親王(しょくしないしんのう)シャトールー公夫人ローヤル・タッチプラ・ナーラーイ熊野の本地水主内親王バッタナ原始国家ばら戦争ブータン桓武天皇李秀成文武王ペロー大漸頼豪増誉

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android