王仁昫(読み)おうじんく

世界大百科事典内の王仁昫の言及

【切韻】より

…詩文押韻の基準とされ,以後重んぜられ,多くの増補改訂版が作られた。長孫訥言(とつげん)《切韻》,王仁昫(おうじんく)《刊謬補欠切韻》,孫愐(そんべん)《唐韻》などがおもなもので,このうち王仁昫の完本が近年発見され,研究が進められている。《広韻》は最後の増補改定版で,これらの韻書は切韻系韻書と総称され,中国語の中古音研究の基本資料となっている。…

※「王仁昫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android