コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王小余 おうしょうよ

世界大百科事典内の王小余の言及

【料理人】より

…そして南宋の臨安(蘇州)の王立は〈烤鴨(こうおう)の美手〉として知られ,杭州の女料理人である宋五嫂は羹(あつもの)づくりで名をなし大繁盛したという。 後の時代にも料理書などに名をとどめた厨師は多いが,清の袁枚の著《随園食単》のところどころにその豊富な経験が生かされている王小余は,袁家の家厨で,袁枚の筆になる〈厨者王小余伝〉が残る名料理人であった。なお民国時代の調査によれば,このころの料理人は,厨行という同職組合を結成していた。…

※「王小余」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android