王臬(読み)おうげつ

世界大百科事典内の王臬の言及

【王概】より

…周亮工をはじめ,金陵派の画家たちと交際が広く,〈天下熱客〉と称される。山水画の技法書《芥子園画伝(かいしえんがでん)》一集(1679)をつくり,ついで兄の王蓍(おうし),弟の王臬(おうげつ)とともに蘭竹梅菊・花鳥・草虫画を内容とする二・三集(1701)を編集した。【新藤 武弘】。…

【王蓍】より

…黄公望風の山水画や,花卉(かき)・翎毛(れいもう)画を得意とした。弟の王概・王臬(おうげつ)も詩・画にすぐれ,絵画技法書《芥子園画伝(かいしえんがでん)》二集の蘭竹梅菊譜,三集の草虫翎毛花卉譜(ともに1701)を共編した。【新藤 武弘】。…

※「王臬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android