コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王阮亭 おうげんてい

世界大百科事典内の王阮亭の言及

【王士禎】より

…中国,明・清の鼎革を体験した銭謙益・呉偉業・顧炎武らの次の世代を代表する詩人。字は貽上(いじよう),号は阮亭,また漁洋山人。出身地新城の属する山東省が無抵抗のまま最初に清朝にくだったこともあって,新政権の文化政策に早々に吸収され,24歳で仕官してより71歳で刑部尚書(法務大臣)を免職されるまで順調な出世を重ねたが,その心情には常に割り切れなさがつきまとう。彼の23歳でのデビュー作である《秋柳》詩が当時の知識人の心をとらえたのは,失われた王朝への名状しがたい憂愁が歌われていたということのほかに,歌いかたのうえで,明末の鍾惺(しようせい)らの作風を反省し,古典的に精練された詩語と故事を点綴しながら靄のごときベールをひとかけするような朦朧たる表象の,清麗なリズムとあいまった新鮮な響きがあったことにもよる。…

※「王阮亭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android