現代社会(読み)げんだいしゃかい

世界大百科事典内の現代社会の言及

【社会科教育】より

…前者は文部省によるたび重なる学習指導要領の改訂により具体化され,小・中学校の場合は55年,58年の改訂で,地理,歴史の系統だった教育を重視せよという文部省への批判者の要望にこたえる形をとりながら,戦争や平和についての内容を減らし,批判精神の育成を抑える内容へと転換が行われた。高校では,その後63年から〈倫理・社会〉,82年からは〈現代社会〉,中学校では1969年の学習指導要領改訂で〈公民〉がそれぞれ科目として登場した。 一方,学習指導要領にしたがう社会科を批判する研究・実践は1950年代からさかんとなり,中学生の詩文集《山びこ学校》(1951)も,本来の社会科教育をめざしてつづり方を活用した指導の成果である。…

※「現代社会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現代社会の関連情報