コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球状化黒鉛鋳鉄 きゅうじょうかこくえんちゅうてつ

世界大百科事典内の球状化黒鉛鋳鉄の言及

【鋳鉄・鋳鋼】より

…この鋳鉄に含まれる酸素の活量をマグネシウムなどの脱酸材を用いて下げると,黒鉛が球状に析出し,材料強度のばらつきがなくなり,延性が生じてくる。これを球状化黒鉛鋳鉄という。冷却速度などの熱処理条件を変えることにより,組織をパーライトと黒鉛にして強度を上昇させることもできる。…

※「球状化黒鉛鋳鉄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android