コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琰圭 えんけい

世界大百科事典内の琰圭の言及

【玉器】より

…この時期には青銅のソケットに玉製の刃をはめた矛,斧,(か)が現れ,また玉製の戈も多い。玉製の戈は形が単純化されながら長く作られつづけ,前1千年紀末ころには琰圭(えんけい)と呼ばれ,前2~後2世紀にも圭として知られていた。前11世紀に始まる周王朝に特徴的な型式の戈をかたどった玉器は,後にも引き継がれてゆく。…

※「琰圭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android