コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環状集落 かんじょうしゅうらく

大辞林 第三版の解説

かんじょうしゅうらく【環状集落】

中央に広場と集団墓地を設け、その周りに竪穴住居を環状・同心円形に配置した、縄文時代集落の典型的な形。前期~後期の集団の拠点的な集落。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の環状集落の言及

【縄文文化】より

…すなわち集団規模が拡大するとともに,その内部に家族の独立性が顕現してきたのである。とくに各竪穴住居は中央の広場を囲んで円形に並ぶ,いわゆる環状集落の形態をとりはじめ,前期を経て中期には一般化する。海岸地帯では大型の環状貝塚や馬蹄形貝塚が出現する。…

※「環状集落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

環状集落の関連キーワード水子大応寺貝塚チカモリ遺跡大清水上遺跡高根木戸遺跡沖ノ原遺跡堂之上遺跡和台遺跡水子貝塚竪穴住居花輪貝塚阿久遺跡環状

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android