コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生は死の始め セイハシノハジメ

デジタル大辞泉の解説

生(せい)は死の始め

この世にまれ出たときが、必ずやってくるへの道の始まりである。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいはしのはじめ【生は死の始め】

この世に生まれた時、すでにやがて来るべき死への道が始まっている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android