コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲斐氏 かいうじ

世界大百科事典内の甲斐氏の言及

【越前国】より

…斯波氏は管領家として幕政に参与したが,代々治世短命が多く,6代義健の若死後は支流の義敏が宗家を継承した。これに対して発言権を高めた守護代甲斐氏は専横が目だつようになり,斯波氏の有力被官となった国人土豪層はこれに反感を抱き,義敏を戴いて甲斐氏と対立し,1458年(長禄2)ついに武力衝突に発展した(長禄合戦)。南北朝の争乱時に但馬国から越前に入部した朝倉広景7代目の敏景(孝景)は,長禄合戦では甲斐氏と結んで勝利を収めたが,合戦の翌日,甲斐将久が急死したのを契機に敏景の権力はいっそう強まり義敏を退け斯波氏の支流義廉を守護に推戴した。…

※「甲斐氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

甲斐氏の関連キーワード武生[市]御船[町]斎藤妙椿甲斐常治阿蘇惟豊肥後一揆朝倉敏景朝倉孝景杣山城

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲斐氏の関連情報