コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画面サイズ かめんさいす,がめんさいず

カメラマン写真用語辞典の解説

画面サイズ

 カメラのフィルム1コマの大きさのこと。小さい物から列挙すると、ミノックス判が8×11mm、110判は13×17mm、ハーフ判が18×24mm、APSが16.7×30.2mm、35mm判が24×36mm、セミ判(645判)が41.5×56mm、6×6判が56×56mm、6×7判が55×70mm、6×9判が56×83mm。シートフィルムはインチ表示で、4×5インチ、5×7インチ、8×10インチなどがある。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

画面サイズの関連キーワードスマートフォン・タブレット型端末用語ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータマイクロフォーサーズシステムKindle VoyageニコンFXフォーマットデジタルフォトフレームVAIO PhoneコンティニュイティハーフサイズカメラフィールドカメラAPSフィルムフルブラウザーiPhone6iPhone5termcapベストフィルムビューカメラファブレット110カメラアスペクト比

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画面サイズの関連情報