コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画面サイズ かめんさいす,がめんさいず

1件 の用語解説(画面サイズの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

画面サイズ

 カメラフィルム1コマの大きさのこと。小さい物から列挙すると、ミノックス判が8×11mm、110判は13×17mm、ハーフ判が18×24mm、APSが16.7×30.2mm、35mm判が24×36mm、セミ判(645判)が41.5×56mm、6×6判が56×56mm、6×7判が55×70mm、6×9判が56×83mm。シートフィルムはインチ表示で、4×5インチ、5×7インチ、8×10インチなどがある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

画面サイズの関連キーワードインスタマチックカメラ銀塩フィルムカメラブローニーレンズ付フィルム110カメラ110フィルム35mmフィルムカメラ135フィルム農業用フィルム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

画面サイズの関連情報