コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画面サイズ かめんさいす,がめんさいず

1件 の用語解説(画面サイズの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

画面サイズ

 カメラフィルム1コマの大きさのこと。小さい物から列挙すると、ミノックス判が8×11mm、110判は13×17mm、ハーフ判が18×24mm、APSが16.7×30.2mm、35mm判が24×36mm、セミ判(645判)が41.5×56mm、6×6判が56×56mm、6×7判が55×70mm、6×9判が56×83mm。シートフィルムはインチ表示で、4×5インチ、5×7インチ、8×10インチなどがある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

画面サイズの関連キーワードインスタマチックカメラ銀塩フィルムカメラブローニーレンズ付フィルム110カメラ110フィルム35mmフィルムカメラ135フィルム農業用フィルム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

画面サイズの関連情報