番の星(読み)ばんのほし

世界大百科事典内の番の星の言及

【星】より

…地方により,北斗七星を〈けんぼし〉〈ひちけんぼし〉〈四三(しそう)のけん〉などと呼んでいる。 番の星江戸の方言集《物類称呼》には,北辰(ほくしん)(北極星)の項に,〈上総の国にてひとつのほし,又番の星と称す〉とある。しかし今日でも静岡地方では,こぐま座のβ,γの2星を〈番の星〉と呼び,〈四三(しそう)の星〉の北斗七星が〈ひとつぼし〉の北極星をめぐって取って食おうとするのを,これら2星が内がわをめぐって番をしていると見ている。…

※「番の星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android