番山制度(読み)ばんやませいど

世界大百科事典内の番山制度の言及

【森林文化】より

…例えば天狗山と名づけ〈あの山には天狗がいるから入ると怖い〉とか,〈あの森に友達と入ると,帰れなくなる者が出る〉とかなどで,それを親から子へ,子から孫へと代々言い伝えたなど。 (5)番山制度 森林を伐採するとき同じ場所で一度に大量に伐らずに,生産する山と休養する山とを併存させ,場所を変えながらかわるがわる少しずつ伐採する方法。山を荒らさないで生産しつづける仕組みとして,近世初期には考案されていた。…

※「番山制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android