コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異教の神々の生残り いきょうのかみがみのいきのこり

世界大百科事典内の異教の神々の生残りの言及

【アレゴリー】より

…こうした生者と死者の不意の出会い,あるいは生者に対する〈死の勝利〉といった図像は,15世紀後半には木版画入り印刷本《死の舞踏》へと展開する。 中世のアレゴリーにおいて,キリスト教と並ぶもうひとつの重要な要素は,パノフスキーが〈再生renascences〉,セズネックが〈異教の神々の生残りsurvival of pagan gods〉と表現した,古典古代の伝統である。異教の神々はキリスト教神学のなかで忘却され,死滅したのではなかった。…

※「異教の神々の生残り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android