瘢痕化(読み)はんこんか

世界大百科事典内の瘢痕化の言及

【肉芽】より

…肉芽組織の構成は,新生毛細血管と,収縮能をもつ繊維芽細胞が主体であり,これに炎症性の細胞浸潤が加わったものである。肉芽組織による欠損部の充てんが完了し,炎症反応が消退すると,繊維芽細胞からの膠原(こうげん)繊維の分泌が活発になり,血管の数が少なくなって,水分が減少して,肉芽は収縮し,瘢痕(はんこん)化(繊維化fibrosis)する(創のひきつれはこの現象による)。膠原繊維もしだいに吸収される。…

※「瘢痕化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android