発癌性試験(読み)はつがんせいしけん

世界大百科事典内の発癌性試験の言及

【医薬品】より

…これらの規定によって投与したのち,胎児や産児の成長や発育の異常,症状の有無,生殖能力,母動物の次産児などを検査して,その薬物の催奇形性の有無が調べられるのである。 このほか特殊毒性検査に,発癌性試験(慢性毒性試験などで発癌性の疑われるものでは,ラットやマウスを用いて2年間または全生涯の連続投与試験),薬物依存性試験がある。(5)臨床試験 上記の特殊毒性試験までを非臨床試験という。…

※「発癌性試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android