登記手続(読み)とうきてつづき

世界大百科事典内の登記手続の言及

【不動産登記】より

…たとえば,相続の場合,相続による不動産物権の承継(権利移転)を登記することができるが,真正な相続人はその相続分については登記がなくても,第三者に対抗することができる。
[登記手続]
 不動産の表示に関する登記は,権利の客体としての不動産の現在の客観的状況を把握し,それを明確かつ迅速に登記簿に表すことを目的としていることから,不動産の所有者には登記の申請義務が課され,違反者には罰則が適用される(80条等)。また,登記官は,登記をするのに必要があるときは,実地調査を行うことができ,また職権をもって登記をすることもできる(25条ノ2,50条)。…

※「登記手続」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android