白水会(読み)はくすいかい

世界大百科事典内の白水会の言及

【住友財閥】より

…傘下会社は自立化の道を歩むとともに,財閥商号使用禁止措置で一時〈住友〉の名称を変更したが,52年の禁止解除とともに続々と旧名称に復帰した。住友の場合,企業分割は住友鉱業1社にすぎず,旧住友系企業群は住友銀行を中心に再結集をはかり,各社社長で組織した白水会は住友グループの最高機関として有名。銀行,信託,生命保険など住友系金融機関による系列融資を軸に,総合商社として戦後急発展の住友商事を加え,巨大な企業集団となった住友グループは戦後も強固な結束と発展力を誇っている。…

※「白水会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android