白血病裂口(読み)はっけつびょうれっこう

世界大百科事典内の白血病裂口の言及

【白血病】より


[白血病の診断]
 急性白血病の診断は,血液や穿刺(せんし)骨髄の塗抹染色標本の形態学的観察によって比較的容易になされる。すなわち,血液中には正常に存在しない幼若な白血球系の細胞が出現ないし増加し,骨髄ではこれらの細胞の占める比率が高くなる(これを白血病裂口という)。これらの幼若な白血病の白血球は,正常骨髄に存在する同じ成熟段階の細胞と比べると,細胞の大きさ,核の型,核が細胞中で占める割合,細胞質の色調,顆粒の形や大きさ,などの点で異型性を示すことが少なくない。…

※「白血病裂口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android