コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相(間)中 あいちゅう

世界大百科事典内の相(間)中の言及

【楽屋】より

…3階はすべて立役の部屋で,いちばんつきあたりに座頭部屋があり,序列によって立役の部屋がつづき,広い空間をもつ大部屋があった。この大部屋は,名題下,相中(あいちゆう)と呼ばれる下座俳優が席次にしたがって雑居し,中央に囲炉裏があった。顔寄せから初日までの間,舞台稽古を除いて,本読み,付立,総ざらいなど稽古を行う場所としても利用された。…

【歌舞伎】より

…金属製の〈雷車〉を用いることもある。【景山 正隆】
【役者に関する用語】
相中(あいちゆう)江戸時代から明治にかけての役者の階級の一つ。〈間中〉とも書いた。…

※「相(間)中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android