石巻工業港(読み)いしのまきこうぎょうこう

世界大百科事典内の石巻工業港の言及

【仙台湾】より

…明治10年代に鳴瀬川河口東岸で野蒜(のびる)築港が進められたが,台風で破壊されて失敗し,その後,海運拠点は塩釜に移った。1960年代に入り宮城県に属する湾岸一帯が新産業都市に指定され,石巻工業港(1967開港),仙台港(1971開港)が建設されてからは工業化が進んだ。塩釜と石巻は沖合・遠洋漁業の基地としても重要であり,牡鹿半島沿岸や松島湾ではカキ,ノリの養殖も盛んである。…

※「石巻工業港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android