砥粒切れ刃(読み)とりゅうきれば

世界大百科事典内の砥粒切れ刃の言及

【研削】より

…といし(研削といしという)を高速回転させて,その表面にある多数の鋭い砥粒(とりゆう)切れ刃によって工作物の表面から微少量の切りくずを削り取り,所望の形状,寸法,品質に加工する精密加工法。きわめて硬い焼入材や,大理石,セラミックスの加工から,アルミニウムのような軟質材料の加工まで広く用いられ,とくに,高い寸法精度や形状精度(真直度,平面度,真円度など)および小さい仕上面粗さなどが要求される仕上加工に適している。…

※「砥粒切れ刃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android