確定特異点(読み)かくていとくいてん

世界大百科事典内の確定特異点の言及

【微分方程式】より

…ここにλjは複素定数で,φj(t)は領域0<|tt0|<r(rはある正の数)で1価正則な関数である(例外的にはlog(tt0)を含む項があらわれることもある)。φj(t)がt0でたかだか極しかもたないときt0を(8)の確定特異点,t0に真性特異点をもつときt0を(8)の不確定特異点という。t0が確定特異点のときには定数λjおよびφj(t)のt0におけるローラン展開の係数をすべて計算できる。…

※「確定特異点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる