コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐梨別 いわなすわけ

世界大百科事典内の磐梨別の言及

【和気氏】より

…和気氏のワケ()とは,人名に付する尊称からカバネに転化し,皇族から分出した伝承をもつ地方豪族の称として用いられ,やがて氏の名そのものとなった。和気氏も,もとは磐梨別=石生別(いわなすわけ),さらに藤野別=輔治能別(ふじのわけ)の氏姓を称していた。 8世紀に吉備より吉備真備が出たのにたいし,和気氏より和気清麻呂,その姉広虫,清麻呂の子広世,真綱,仲世らが出て,中央政界で活躍したが,同時に美作・備前両国国造(くにのみやつこ)として在地豪族の地位を保ち,同族は藤野郡大領でもあり,祖先以来の墳墓も本郷にあって,拱樹林をなしていたという。…

※「磐梨別」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android