コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼賓三島 らいひんみしま

大辞林 第三版の解説

らいひんみしま【礼賓三島】

三島茶碗で、見込みに白象眼で礼賓寺などの文字が書かれているもの。李朝の官衙かんがで用いられたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の礼賓三島の言及

【李朝美術】より

…これは白土で器面を化粧する技法と施文法に特徴があり,日本では三島手とよばれ,彫三島(ほりみしま),刷毛(はけ)目,彫刷毛目,絵刷毛目,粉引(こひき)などと分類されている。これらの中で最も尊重されるのは,〈礼賓寺(れいひんじ)〉〈内贍寺(ないせんじ)〉〈内資寺〉〈長興庫〉〈仁寿府(にんじゆふ)〉ほかの官司銘が刻まれた,いわゆる礼賓三島(れいひんみしま)で,官物に供せられたものだけに優れた作品が多い。粉青沙器はともに灰色や灰黒色の胎土に白泥を塗布して,その上から透明釉を施したものであるが,刷毛目は白泥を刷毛で塗ったもので,刷毛を使わずに白土の泥漿(でいしよう)にひたして白化粧掛をしたものは粉引と呼んでいる。…

※「礼賓三島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

礼賓三島の関連キーワード見込み李朝

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android