コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会方言 しゃかいほうげん

大辞林 第三版の解説

しゃかいほうげん【社会方言】

ある社会的集団に固有な諸特徴を持つ方言。社会階層だけでなく、ある年齢層・職業集団・教育程度や性別によることもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の社会方言の言及

【英語】より

…現代の標準語Received Standardのもとになったのはこの方言である。のちにイングランドではこれが地域方言の枠を越えて社会上層の階級方言の性格を強め,上流子弟の全寮制学校(たとえばイートン校)などの制度によって全国にわたる社会方言を形成するにいたった。他方,他の社会階層や他の地域の方言は非標準語として,ときに社会的差別の対象になった。…

【方言】より

…言葉が場所によって違うときに,そのある地域で使われる言葉を指していう。普通は場所による違い(地域方言)を指すが,欧米では社会階層,職業による違い(社会方言)をも〈方言〉ということがある。
【方言の概念とその周辺】

[方言と俚言・訛]
 学問的には〈方言〉を,ある地域で使われる言葉の全体を指す用語として使う。…

※「社会方言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報