コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神の恩寵 かみのおんちょう

世界大百科事典内の神の恩寵の言及

【恩寵】より

…旧約時代の全体が〈律法〉という言葉に集約されるのに対して,新約時代の全体を要約する言葉は〈恩寵〉である。創造にはじまり,終末におけるキリストの再臨をもって成就される救いの歴史は,神の恩寵の受肉的展開にほかならない。キリスト教は,罪人であり,生命の源である神から断ち切られて死の状態にある人間がその罪をゆるされ,義とされて再び神との交わりに入ることができるのは,人間の側のどのような善行によるのでもなく,絶対に無償で無条件的な神の恩寵による,と教える。…

※「神の恩寵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神の恩寵の関連キーワードリード(Sir Herbert Read)作品(作者によって生み出されたもの)マックレーカーズビベーカーナンダチョー・オユー山アウグスティヌスマリア・テレジア神聖ローマ帝国カリスマ的支配メーテルリンクラーマーヌジャテーンガライペラギウス派救い(宗教)サクラメントモーリアックパルチバルクローデル選ばれし人神寵帝理念

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神の恩寵の関連情報