神三郡(読み)しんさんぐん

世界大百科事典内の神三郡の言及

【伊勢神宮】より

…神宮の神事には古式が守り伝えられているが,毎日朝夕に供進される御饌(みけ)を,火鑽(ひきり)具でとった火で調理するのはその例である。
[神領]
 神宮の経済は,古代では封戸と神田によって支えられていたが,その多くは伊勢国の度会,多気(たけ)の2郡にあったので,両郡を神郡といい,897年(寛平9)に飯野郡が寄進されると,神三郡と呼んだ。10世紀以降,律令制の解体がはじまると,神宮にも新しい所領が加えられたが,神宮の荘園はとくに御厨(みくりや),御薗(みその)と呼ばれた。…

【伊勢国】より

…両度の行幸に関する作歌が《万葉集》にある。 平安時代に入ると,神宮領の拡大が顕著で,897年(寛平9)飯野郡が神郡となり,神三郡が成立,これを道後(みちのしり)とも称した。940年(天慶3)員弁郡,962年(応和2)三重郡,973年(天延1)安濃郡,1017年(寛仁1)朝明郡,1185年(文治1)飯高郡と道前(みちのさき)の5郡が増加して神八郡となった。…

【神郡】より

…社領の一種で,貢納と奉仕の任をもつ神戸(かんべ)が一郡にわたって存在し,郡全体が神領となったもの。伊勢神宮では古くから伊勢国多気,度会郡を神領として寄せられ,その後飯野郡を加えて特にこれを神三郡(しんさんぐん)と称した(のち神八郡)。このほか,安房神社の安房国安房郡,鹿島神宮の常陸国鹿島郡,香取神宮の下総国香取郡,出雲大社の出雲国意宇(おう)郡,宗像神社の筑前国宗像郡,日前国懸(ひのくまくにかかす)神宮の紀伊国名草郡などがある。…

※「神三郡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android