コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸マラソン

2件 の用語解説(神戸マラソンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

神戸マラソン

兵庫県神戸市で行われるマラソン大会。日本陸上競技連盟公認のフルマラソンクォーターマラソン。2011年11月に「神戸全日本女子ハーフマラソン」を統合して第1回大会を開催。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

神戸マラソン

「感謝と友情」をテーマに2011年に始まった市民参加型のマラソン大会。阪神大震災からの復興を支えてくれた人々に感謝を伝え、東日本大震災被災者支援も展開。神戸市役所前をスタートし、明石海峡大橋そばの舞子公園付近で折り返し、ポートアイランドゴールする。フルマラソンの制限時間は7時間で、定員1万8千人。東日本大震災の被災者には抽選の優先枠を設ける。今大会では5千人の「初出場枠」を新設。10.6キロのクオーターマラソン(定員2千人)もある。

(2014-10-04 朝日新聞 朝刊 神戸・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神戸マラソンの関連情報