コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動中央値法 いどうちゅうおうちほう

世界大百科事典内の移動中央値法の言及

【時系列分析】より

mtを抽出するにはフリーハンドで曲線を引くのも一つの手であるが,前後を含めた3個のデータの平均,すなわち t=(xt-1xtxt+1)/3で推定する3点移動平均法をはじめ,多点の重み付き平均をとる一般的な移動平均法が古くから考察され使用されている。移動平均法の一つの欠点は全体的な傾向から一つだけ著しくはずれた値があるとき,その影響が強く残存することで,そのような危険をさけるため移動中央値法(前後3点や5点の中央値をmtと推定する方法)を組み合わせて利用する方法も工夫されている。なめらかな動きからのずれytについては,とくにとび離れた値を検出してその理由を考えたり,ytのばらつきを見てなめらかな動きの曲線に幅をつけて解釈することなどに用いることが基礎となる。…

※「移動中央値法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone