コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空挺堡 くうていほ

世界大百科事典内の空挺堡の言及

【橋頭堡】より

…補給品,兵站(へいたん)諸施設が収容可能になり,渡河作戦が終了し〈橋頭堡が完成された〉という(通常20~30kmの縦深)。類似語としては空挺堡airhead,海岸堡beachheadがある。空挺作戦と上陸作戦の場合の用語で,先遣された部隊が後続主力のために,事後の作戦に移行するための飛行場や揚陸海岸を確保することは同じである。…

【空挺作戦】より

…空挺作戦は,特別に編成,訓練された部隊が,航空部隊と協力して相当の重装備を携行し,長距離を迅速に移動し,敵地にパラシュート降下あるいは強行着陸して,目標地域内の要点を確保する。この陣地を空挺堡という。この目標は,通常敵の側背に選定されるので,敵に与える脅威は大きい。…

※「空挺堡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

空挺堡の関連キーワード橋頭堡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android