突堤式防波堤(読み)とっていしきぼうはてい

世界大百科事典内の突堤式防波堤の言及

【防波堤】より

…この浸入波の影響を小さくし,しかも,船が容易に出入りできるよう防波堤と港口の位置を決めることが,たいせつなこととなる。一般には,陸岸から突出した突堤式防波堤mole,水面に孤立した島式防波堤breakwaterなどをいくつか組み合わせて,港湾の外郭を形成するが,河口付近,浅海部では,波のほか,流れが強く,砂の移動が生じたり,船舶の安全航行に支障をきたすので,防砂堤,導流堤が設けられる。防波堤の構造形式には,捨石やテトラポッドのような異形ブロックを積み重ねた傾斜堤と,大きな直方体のコンクリートブロックやケーソンを敷き並べた直立堤および両者の中間的な構造をもつ混成堤(図)とがある。…

※「突堤式防波堤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android