端浦(読み)はうら

世界大百科事典内の端浦の言及

【漁村】より

…このような漁村は,定着後も,供御人(くごにん)として海産物を上納する義務を負わされる一方で,朝廷や幕府,守護などの保護を受けてきた。近世に入り,海辺農村の多くが,地先の海域を利用して,みずからの糧としてのおかず採りやこやし採りを目的とした漁業に従事するようになってくると,中世以来の伝統をもつ本浦,立浦などと呼ばれた海人漁村と近世以後の端浦(主農従漁の百姓漁村)との間で漁場争い,海境争いなどが頻発した。これらの係争を通じ,海辺農村は,徐々に自村の地先海域における漁業権を確立していったものと考えられる。…

※「端浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる