競争優位(読み)きょうそうゆうい(英語表記)competitive advantage

知恵蔵の解説

競争優位

熾烈な競争が繰り広げられている業界において、業界平均以上の利益率を上げ、市場占有率を獲得できる限り、その企業は競争力(competitive edge)があると見なされる。この競争力は、競争戦略論では競争優位にあたる。優位は、大きく分けて、競争相手に対するコスト優位か、それとも差別化優位かである。競争優位は、顧客が、差別化によるその企業の製品に、より大きな価値を見いだすことである。企業はこの競争優位を一時的なものではなく、持続的なものにしようとする。そのためには、競争相手に対する模倣障壁を高めなければならない。競争優位の持続性は事業のライフサイクルに制約されるが、近年のライフサイクル期間の急速な短縮化傾向により、持続期間も短縮化の傾向にある。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android