コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競売入札妨害罪

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

競売入札妨害罪

国や自治体などが実施する競売入札で不正に価格を操作する刑法の罪。指名業者間で事前に落札者を決める「談合」もその一つで、行政側の意向が働いた場合に「官製談合」と呼ばれる。他に「脅し」なども対象。罰則は2年以下の懲役または250万円以下の罰金

(2006-12-09 朝日新聞 朝刊 1総合)

競売入札妨害罪

刑法上、人の自由意思を抑圧する威力などを用いて、公の競売や入札の公正を害する行為をしたり、公正な価格を害し、または利益を得る目的で談合をしたりする行為。刑罰は2年以下の懲役または250万円以下の罰金と定められている。

(2008-05-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の競売入札妨害罪の言及

【公務執行妨害罪】より

…刑は2年以下の懲役または20万円以下の罰金)),(4)強制執行を免れるために,財産を隠匿,損壊,仮装譲渡し,または仮装の債務を負担する強制執行免脱罪(96条の2。刑は2年以下の懲役または50万円以下の罰金),(5)偽計・威力を用い,公の競売または入札の公正を害する行為を行う競売入札妨害罪(96条の3‐1項。刑は2年以下の懲役または250万円以下の罰金),(6)公正な価格を害し,または不正な利益を得る目的で談合する談合罪(96条の3‐2項。…

※「競売入札妨害罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

競売入札妨害罪の関連キーワード熊取町の入札談合事件公務執行妨害罪

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android