等斥力線シンダイン(読み)とうせきりきせんしんだいん

世界大百科事典内の等斥力線シンダインの言及

【彗星】より

…同時に核からとび出したダストは,大きさの順に並び,同時放出線シンクロンという曲線を描く。尾の中で同じ斥力を受けた物質をつらねた線は,等斥力線シンダインといい,すい星の尾の形はその軌道面内に広がった無数の等斥力線の集合である。地球とすい星の軌道面との位置関係によって,すい星の尾の見かけの形が変わり,地球が軌道面の極の方向にあるときは,すい星の尾は扇状に大きく広がって見える。…

※「等斥力線シンダイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android