コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

系群 けいぐん

世界大百科事典内の系群の言及

【個体群】より

…概念的には,それぞれの生物種の地理的分布の広がりにつれて連続または不連続的な生理・生態的特性を示すいくつかの地域個体群や,すでに亜種とされるほどの種分化の進んでいる亜種個体群などを認めることができるし,さらにはそれらを包含した種個体群というものを想定することもできる。水産学では生理・生態的な違いの認められる地域個体群のことを,系群sub‐populationと呼ぶことが多い。人間の場合は個体群というより人口という語が使われるのが普通で,この場合には主として個体数を意味する。…

※「系群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

系群の関連キーワードニュージーランドオットセイ北太平洋漁業国際委員会アルプス・ヒマラヤ山系北太平洋公海漁業条約ハイイロアザラシホッキョククジライロワケイルカイワナ(岩魚)ニタリクジラサバ(鯖)ネズミザメキャペリンコククジラマイワシ標識放流水産資源トラフグサワラクジラマダラ

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

系群の関連情報