コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙専売制 かみせんばいせい

世界大百科事典内の紙専売制の言及

【土佐紙】より

…《紙譜》(1777)が刊行されるころには,越前,美濃と並んで三大産地の一つになっていた。土佐藩は紙専売制をとり,はじめは藩が紙をすべて独占する厳しいものであったが,紙すき農民の反抗によってしだいに後退して,一部の自由販売を認めるようになった。大蔵永常は《広益国産考》で,大坂の紙問屋に集まる紙の4割は土佐紙で,その利益ははかりがたいと記している。…

【藩専売制】より

…同時に,領内での特産物に注目し,その仕入れや販売の独占をめざすようになった。専売の対象になった商品をみると紙が最も多く,萩,岩国,徳山,津和野,松江,広島,宇和島,水戸藩などで紙専売制が実施されている。ついで西国諸藩では櫨(はぜ)および櫨蠟,東国諸藩では漆および漆蠟の専売が注目される。…

※「紙専売制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紙専売制の関連キーワード武左衛門一揆鬼北(町)藩専売制西の内紙土佐紙飫肥藩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android