コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経籍志 けいせきし

世界大百科事典内の経籍志の言及

【芸文志】より

…またそれによって各時代の学術の体系をうかがうことができる。劉歆(りゆうきん)の《七略》にもとづく《漢書》芸文志にはじまり,ときに〈経籍志〉と名をあらためながら,後世の正史に継承された。《漢書》芸文志は六芸略,諸子略,詩賦略,兵書略,術数略,方伎略から成り,《隋書》経籍志以後,経部,史部,子部,集部の四部分類法に定着した。…

※「経籍志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

経籍志の関連キーワード道教/道法と道教儀礼日本国見在書目録四庫分類法漢書芸文志経史子集春秋繁露五行大義捜神後記諸子百家風土記編年体鬼谷子孫詒譲しょう千字文紀伝体陰陽家列仙伝芸文志神仙伝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android