コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給国 きゅうこく

世界大百科事典内の給国の言及

【知行国】より

…古代・中世,律令制の国のうち,国司以外の公卿・廷臣や社寺等が吏務(りむ)(支配・統治の実務)の実権をもつ国。沙汰国,給国ともいい,吏務の実権をとる者を知行主とか国主という。 律令制の地方統治制度である国司制度がしだいにくずれ,国守(=受領)の地位が利権化する一方,公卿・廷臣らの俸禄制度が無実化するにともない,11世紀中ごろから公卿の子弟を諸国の守に任命し,その公卿に吏務の実権をとらせ(これを知行とか沙汰という),その間に収益を得させることがしだいに慣例となった。…

※「給国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

給国の関連キーワードポンド(イギリスの通貨単位)麻薬問題[ラテンアメリカ]ニコライ マルトゥイノフ米印原子力協力協定児童ポルノ規制法原子力供給国会議米印原子力協力トン数標準税制核の輸出規制核不拡散条約中ロ経済摩擦資金還流措置サプライヤー中国とサウジ資本純輸出国綿花取引所軍産複合体資本輸出国サハリン2金属工業

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android