統制経済論(読み)とうせいけいざいろん

世界大百科事典内の統制経済論の言及

【東方会】より

…機関誌《東大陸》を刊行。〈アジア・モンロー主義〉的な対外政策と,〈生産力・軍事力の拡張〉と〈国民生活の安定〉を両立させうる〈統制経済論〉が東方会の基本路線であった。日中戦争に対してはこれを日本と英ソの代理戦争と解釈し,〈東亜新秩序〉〈世界新秩序〉の樹立のため独伊と提携して英米ソと対抗すべしと主張した。…

※「統制経済論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android